Total current card decks
0,000,010,988
 
Deck image
消化器CBT
Cretator : tanimo
Updated : 2014/12/03
Category : School
Tags : kyorinm4
Number of Cards : 63 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description

Sample cardSample Cards
No.おもてうら
1 28歳。空腹時上腹部痛。フェノールフタレイン生検組織が赤くなっている 迅速ウレアーゼ試験陽性→ヘリコバクター・ピロリあり
ウレアーゼが尿素をアンモニアに変換して胃酸を中和している
→プロトンポンプ阻害薬、アモキシシリン、クラリスロマイシン
2 食事数時間後に急激な上腹部痛。CTで肝臓周囲にfree air 十二指腸潰瘍穿孔
3 胃病理組織で核の肥大、バラバラな配列 胃MALTリンパ腫
→H.pylory除菌
4 胃の腫瘍 粘膜上皮からできると胃癌(内視鏡でみえる)
筋層からできるとGIST(内視鏡で盛り上がってるだけ)→bridging fold
GIST:筋層細胞に異常KIT(レセプター)→チロシンキナーゼ活性過剰→細胞分裂過剰。貧血。吐血。
治療=手術、イマチニブ(チロシンキナーゼ阻害)
5 胃切除後の患者が、食後30分で循環性ショック ダンピング症候群
(特に炭水化物食で)胃が小さいのですぐ腸に入り、腸内浸透圧↑
→循環血漿が減少
一時的に回復するが、2時間後にインスリンが効いてくると再び低血糖で倒れる
治療:(急性)足を高くして脳血流を増やす
(長期的予防)1回の食事量を減らし、食事回数を増やす
6 腹痛。手術瘢痕・膨隆 腹壁瘢痕ヘルニア
治療:腹壁修復(再手術)
7 術後胆石を発生しやすい手術 胃切除の際に胆嚢の迷走神経も切り落としてしまうことが原因
8 腹部手術後。レントゲンでニボー像 イレウス
腸内浸透圧が上がる→血漿から水を回収
→低血圧
→循環性ショック・敗血症(感染症)を起こす
治療:輸液(生食、リンゲル)、抗菌薬、胃管ドレナージ
9 単純イレウスと複雑イレウスの鑑別 腸雑音消失、筋性防御→複雑イレウス→腹膜炎→外科的手術→笑気は禁忌!!イレウス内に入り込んで破裂させるから
金属製雑音→単純イレウス→手術しなくてよい
(造影CTで造影されなければ血管死んでるので複雑イレウス)
10 腹部膨満感→麻痺性イレウス 糖尿病性ニューロパチー→副交感神経が×→ネオスチグミン(AChエステラーゼ阻害薬)で治療
抗コリン作用→神経筋接合部×
ヒルシュスプルング病→壁在神経節細胞(神経筋接合部)×
パーキンソン病→神経変性
開腹手術後→神経変性→経過観察でOK
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck