Total current card decks
0,000,010,993
 
Deck image
民法(14)・行政書士
Cretator : shallowsoup
Updated : 2013/10/16
Category : License
Number of Cards : 25 
Points : 85 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description
相続法

Sample cardSample Cards
No.おもてうら
1 1 Aには妻Bと子CDEがいる。AがCの不行跡を理由にCを廃除していた場合、Cの子FもAの遺産を代襲相続することはできない。 誤 廃除は代襲原因である。
2 1 Aには妻Bと子CDEがいる。Aが相続人の一人である妻Bを受取人とする生命保険契約を締結していた場合、その死亡保険金は相続財産に含まれる。 誤 死亡保険金は、遺言で相続人と指定されない限り相続財産ではない。
3 1 Aには妻Bと子CDEがいる。Aが生前友人の息子Gの身元保証人となっていた場合でも、Aの相続人BCDEは、GがAの生前に使い込みをしたためAがGの使用者に対して負っていた損害賠償債務を相続しない。 誤 身元保証人としての地位は特別な事情がない限り相続しないが、すでに債権になっている場合、相続する。
4 1 Aには妻Bと子CDEがいる。遺産分割前に共同相続人の一人Dから相続財産に属する不動産について共有持ち分を譲り受けた第三者Hは、容器がなくても他の共同相続人BCEに共有持ち分の取得を対抗することができる。 誤 登記がなければ相続人に対抗できない。
5 1 Aには妻Bと子CDEがいる。遺産分割前にEが自己の相続分を第三者Iに譲渡した場合、一か月以内であれば、他の共同相続人は、Iにその相続分の価額及び譲受に要した費用を償還して、その相続分を取り戻すことができる。 正 遺産相続問題が紛糾しないように、このような手段もある。
6 2 Aには配偶者B、子C、母Dがいる。Aの死亡と近接した時にCも死亡したが、CがAの死亡後もなお生存していたことが明らかでない場合には、反対の証明がなされない限り、Aを相続するのはBおよびDである。 正 両者が同時に死亡したと考えられる。
7 2 Aには配偶者B、子C、母Dがいる。Aが死亡した時点でCがまだ胎児であった場合には、Aを相続するのはBDであるが、その後にCが生まれてきたならば、CもBDと共にAを相続する。 誤 相続についてすでに生まれた者とみられる。
8 2 Aには配偶者B、子C、母Dがいる。Aにさらに養子Eがいる場合には、Aを相続するのはBCEであり、Eの相続分はCと等しい。 正 養子と実子は相続に関しては平等である。
9 2 Aには配偶者B、子C、母Dがいる。Aが自己に対する虐待を理由に家庭裁判所にCの廃除を請求して、家庭裁判所がこれを認めた場合には、たとえCに子Fがいたとしても、FはCを代襲してAの相続人になることはできず、Aを相続するのはBDである。 誤 FはCを代襲できる。
10 2 Aには配偶者B、子C、母Dがいる。Cが相続の放棄をした場合において、Cに子Fがいるときには、Aを相続するのはBだけでなくFもCを代襲してAの相続人となる。 誤 相続放棄をしたら、その子は代襲できない。
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck