Total current card decks
0,000,011,158
 
Deck image
民法(12)・行政書士
Cretator : shallowsoup
Updated : 2013/10/16
Category : License
Number of Cards : 27 
Points : 85 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description
不法行為、総合

Sample cardSample Cards
No.おもてうら
1 1 A社の運転手Bは、C社の運転手Dと事故をおこした。BDの過失は3:7であった。AがAの乗客の請求に応じて損害を賠償した場合には、Aは、Dの過失割合に応じてDに対して求償することができる。 正 第3者の負担部分について第3者に求償権がある。
2 1 A社の運転手Bは、C社の運転手Dと事故をおこした。BDの過失は3:7であった。BがAの乗客の請求に応じて損害を賠償した場合には、Bは、賠償額全額につきCに対して求償することができる。 誤 被用者の負担部分について当然に使用者に求償できる。
3 1 A社の運転手Bは、C社の運転手Dと事故をおこした。BDの過失は3:7であった。AがAの乗客の請求に応じて損害を賠償した場合には、Aは、賠償額全額につきBに対して求償することができる。 誤 使用者から被用者への負担の求償は認められない。
4 1 A社の運転手Bは、C社の運転手Dと事故をおこした。BDの過失は3:7であった。BおよびDがAの乗客の請求に応じて対等額を支出して損害の賠償を行った場合には、Bは、自己の負担部分を超える範囲につきCに対して求償することができる。 正 第3者は被用者の負担部分について、使用者に対し求償することができる。
5 1 A社の運転手Bは、C社の運転手Dと事故をおこした。BDの過失は3:7であった。DがAの乗客の請求に応じて損害を賠償した場合には、Dは、Bの負担部分につきBに対してのみ求償することができる。 誤 第3者は、被用者の負担部分について、使用者に対し求償することができる。
6 2 反社会組織の二次団体以下の組織について、一時団体はすべての団体に指揮監督があり、使用者と被用者の関係にあるとすることができる。
7 2 反社会組織の下部組織の起こした事件は、事業の執行と密接に関連する行為であり、上部組織は指揮監督責任を負う。
8 3 鍵がかけられた他人の自転車を盗んだものが、その自転車を運転している最中に不注意な運転により第三者に怪我を負わせてしまった場合、自転車の所有者は第三者に対して不法行為責任を負う。 誤 所有者には故意過失がない。鍵はかけられており、盗難対策はされていた。
9 3 責任能力を有する未成年者が不法行為をなした場合、親権者の未成年者に対して及ぼしうる影響力が限定的で、かつ親権者において未成年者が不法行為をなすことを予測し得る事情がないときには、親権者は、被害者に対して不法行為責任を負わない。 正 責任能力のある未成年が犯罪を犯した場合、予測できなかった保護者の監督義務違反はないとみられている。
10 3 飲食店の店員が出前に自動車で行く途中で他の自動車の運転手と口論になり、ついには同人に暴力行為を働いてしまった場合には、事業の執行につき加えた損害に該当せず、転人の使用者は、使用者責任を負わない。 誤 事業の執行について加えた損害について、広く理解されている。
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck