Total current card decks
0,000,011,310
 
Deck image
民法(11)・行政書士
Cretator : shallowsoup
Updated : 2013/10/16
Category : License
Number of Cards : 20 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description
契約総論、事務管理、不当利得

Sample cardSample Cards
No.おもてうら
1 1 AはBから中古車を購入する交渉をし、書面で購入の意思表示を行った。その承諾の意思表示について8月末日までと申し入れた。Bが承諾の意思表示をする前に申し込みを撤回すれば、契約は成立しなかったということになる。 誤 承諾の期間を定めてした契約の申し込みは撤回できない。
2 1 AはBから中古車を購入する交渉をし、書面で購入の意思表示を行った。その承諾の意思表示について8月末日までと申し入れた。Bは9月1日消印の発送で承諾を表した。この場合、Bから新たな申し込みがみなされたとみなし、Aが承諾をしたら契約は成立する。 正 遅延した承諾を新たな申し込みとみなすことができ、Aの承諾によって契約成立となる。
3 1 AはBから中古車を購入する交渉をし、書面で購入の意思表示を行った。その承諾の意思表示について8月末日までと申し入れた。Bからなんの通知もない場合、契約は成立したとみる。 誤 承諾期間内に通知を受け取らなかったら申し込みは効力を失う。
4 1 AはBから中古車を購入する交渉をし、書面で購入の意思表示を行った。その承諾の意思表示について8月末日までと申し入れた。Bからなんの通知もない場合、契約は成立したとみる。代金一括払いという条件で承諾がきた。この場合、代金一括払いによる契約が成立した。 誤 条件をつけてきたら、新しい契約がきたと取るべきであり、Aが承諾をしなければ契約は成立しない。
5 1 AはBから中古車を購入する交渉をし、書面で購入の意思表示を行った。その承諾の意思表示について8月末日までと申し入れた。Bは9月1日消印の発送で承諾を表した。この場合、Bから新たな申し込みがみなされたとみなし、Aが承諾をしたら契約は成立する。8月28日に承諾の意思を発送したが、Aの妻の落ち度により、9月20日にAは知った。この場合、契約は成立している。 正 配偶者が受領していたら到達があったとみられる。
6 2 AはBから建物を買い、移転登記も得た。しかし、引っ越しの直前に第3者Cの放火により焼失した。BからAに対して建物の売買代金の支払い請求があった場合、AはBに対して同時履行の抗弁権を主張して代金の支払いを拒むことができる。 誤 同時履行の抗弁権とは、相手方が債務の履行を提供するまでは債務の履行を拒むことのできる権利であり、Bはすでに自分の履行を終えている。
7 2 AはBから建物を買い、移転登記も得た。しかし、引っ越しの直前に第3者Cの放火により焼失した。Bの責めに帰すことができない事由により焼失したので、危険負担に関し建物の滅失についてはAの負担に帰する。 誤 Bの債務履行は完了している。危険負担とは、双務契約の成立後、債務が完全に履行されるまでの保証のことである。
8 2 AはBから建物を買い、移転登記も得た。しかし、引っ越しの直前に第3者Cの放火により焼失した。AはBに対して履行不能を理由として売買契約を解除することができる。 誤 Bの債務履行は完了している。
9 2 AはBから建物を買い、移転登記も得た。しかし、引っ越しの直前に第3者Cの放火により焼失した。AはBに対して代金の支払いを免れることはできないが、債務不履行を理由とする損害賠償請求をすることができるので、この両者につき相殺を主張することができる。 誤 Bの債務履行は完了している。
10 2 AはBから建物を買い、移転登記も得た。しかし、引っ越しの直前に第3者Cの放火により焼失した。AはBに対して代金の支払いを免れることはできないが、Cに対して不法行為を理由として損害賠償請求をすることができる。 正 Cに対して損害賠償を請求できるが、Aに対してはなにもできない。
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck