Total current card decks
0,000,011,339
 
Deck image
民法(6)・行政書士
Cretator : shallowsoup
Updated : 2013/10/16
Category : License
Number of Cards : 25 
Points : 85 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description
所有権・用益物権

Sample cardSample Cards
No.おもてうら
1 1 AはB所有の土地をBの所有であると知りつつ所有の意思をもって平穏かつ公然に10年間占有した場合に、その土地の所有権を取得する。 誤 占有開始時に悪意であれば取得時効はない。さらに、20年である。
2 1 Aの所有する動産とBの所有する動産が符合して分離することが不可能になった場合において、両動産について主従の区別をすることができないときには、AとBは、当然に等しい割合でその合成物を共有することができる。 誤 符号のときにおける価格の割合に応じて合成物を共有する。
3 1 BがAの所持する材料に工作を加えて椅子を完成させた場合に、その椅子の所有権は、AとBとの取り決めに関係なく、Aに帰属する。 誤 化公物の所有権は、原則として材料の所有者に帰属する。しかし、取り決めで変えられる。
4 1 Bの所有する動産がAの所有する不動産に従として符合した場合に、AとBは、AとBとの取り決めに関係なく、Aの不動産の価格とBの動産の価格の割合に応じてその合成物を共有する。 誤 不動産の所有者は、従として符合したものの所有権を取得することが原則である。
5 1 Aは、所有者のいない動産を所有の意思を持って占有を始めた場合に、その動産の所有権を取得する。 正 所有者のない動産は、占有によって所有権を取得する。
6 2 A・B・Cは、甲乙丙土地について、全部1/3づつ共有している。5年間不分割禁止契約があっても、AはBCに対して分割を請求できる。 誤 何のための不分割禁止契約であるのか。
7 2 A・B・Cは、甲乙丙土地について、全部1/3づつ共有している。裁判所は、Aの請求により、Aが甲、Bが乙、Cが丙土地を持つように分割をすることができる。 正 公平であるならば、これもできる。
8 2 A・B・Cは、甲乙丙土地について、全部1/3づつ共有している。裁判所は、Aの請求により、Aが甲、BCが乙丙土地を持つように分割をすることができる。 正 公平であるならば、これもできる。
9 2 A・B・Cは、甲乙丙土地について、全部1/3づつ共有している。裁判所はAの申立があれば、AがBCに持ち分権の価格を賠償することによりAが全土地を所有するようにさせなければならない。 誤 柔軟に対応できる。賠償もできないわけではないが、他の方法もある。
10 2 A・B・Cは、甲乙丙土地について、全部1/3づつ共有している。BCの共有持ち分がDに譲渡されたが、登記はされていない場合、AはBCに甲乙丙土地の分割を請求できない。 誤 他の共有者に対抗できないとき、持ち分はなお譲渡人に帰属するとも考えられる。
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck