Total current card decks
0,000,011,339
 
Deck image
(仮登記の処分・本登記)不動産登記法・司法書士試験
Cretator : shallowsoup
Updated : 2013/08/26
Category : License
Number of Cards : 28 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description

Sample cardSample Cards
No.おもてうら
1 1 所有権移転仮登記の本登記をするときは、仮登記を譲渡した譲渡人と付記で仮登記を移転された譲受人のどちらがしてもよい。 誤 仮登記権利者はすでに権利を譲っているので、仮登記権利者ではない。
2 1 所有権移転仮登記の後に相続による所有権移転登記がある場合、旧所有者を登記義務者とすることはできない。 誤 仮登記が旧権利者の死亡前に起これば、相続人が権利者となり、旧権利者の死亡後に起これば、相続を錯誤として旧権利者を登記義務者として相続人全員から本登記申請をすることになる。
3 1 所有権移転仮登記の登記がされる前にされた抵当権者の承諾がなければ、仮登記を本登記にすることはできない。 正 本登記をすべき仮登記よりも前に登記されている抵当権は利害関係人にならない。
4 1 所有権移転仮登記の登記がされた後にされた抵当権者の被担保債権が完済されている旨の証明書が添付されている場合には、抵当権者の承諾書の添付は必要ない。 誤 完済されている旨の証明書は不動産登記令上添付情報として要求されていない。
5 2 前所有権者が、元所有権者の登記の抹消の仮登記を命ずる処分を得た時は、単独でその仮登記をすることができるが、その申請書には前所有者の移転登記の前に登記された抵当権者の承諾書を添付しなければならない。 誤 甲区の仮登記は乙区には関係ない。本登記の時に抵当権者の承諾が必要になる。
6 2 正当権設定請求権仮登記権利者は、所有権者と共同で仮登記を抵当権設定の仮登記に更正することができるが、この場合、所有権者の登記識別情報を添付しなければならない。 誤 仮登記の更正登記には、登記識別情報の添付は必要ない。
7 2 所有権移転請求権仮登記の抹消は、現在の所有権者又は仮登記権利者が行うことができる。現在の所有権者が単独で申請するには仮登記権利者の承諾書を、仮登記権利者が単独で申請するには登記識別情報の添付が必要である。
8 2 抵当権設定請求権仮登記権利者が本登記を申請するには、権利者の予約完結権を行使したことを証する書面を添付しなければならない。 誤 申請情報と併せて登記原因証明情報の提供が必要である。これは必ずしも予約完結権を行使したことを証する書面でなくてもよい。
9 2 抵当権設定請求権仮登記権利者が仮登記を第三者に移転した場合、その第三者は申請書に仮登記権利者の承諾書を添付して単独で仮登記上の権利の移転の仮登記の申請をすることができる。 誤 確定的に移転した時は、当該仮登記に付記して移転の本登記をする。したがって、付記による移転の本登記を申請する場合には、仮登記の単独申請の特則は適用されず、原則通り共同申請をしなければならない。
10 3 仮登記後に登記を取得している者は、所有権に関する仮登記に基づく本登記申請の際の登記上の利害関係人にあたる。
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck