Total current card decks
0,000,011,232
 
Deck image
書士験(しょしけん)シリーズ 不動産登記法(根抵当権編)
Cretator : kpdperori
Updated : 2010/12/16
Category : License
Number of Cards : 31 
Points : 85 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description
 司法書士試験を目指す方の基本問題集です。
電車通勤の行き帰りの「すきま時間」の学習に最適です。

Sample cardSample Cards
No.過去問の問い答え・解説
1  根抵当権の設定契約において、元本の確定期日を定めた場合、その期日は何年以内であることを要するか? 「5年以内」
民:398の6-Ⅰ
2  権利能力なき社団を、債務者と定めることができるか?
 ちなみに登記の名義人の場合はどうか?
 「債務者と定めることはできる」が
「登記名義人となることはできない」
3  債権の範囲として、「商取引」「債務者の不法行為による損害賠償債権」と定めることができるか? 認められない。
「一定の種類の取引」をもって債権の範囲を定める場合は、限定性を有し かつ第三者がその内容を認識できるものでなくてはならないため。
「商取引」は限定性に欠ける
「債務者の・・・」は特定の原因に基づいて継続的に発生する債権ではない。
4  根抵当権の設定の登記をする前に元本が確定してしまった場合には、根抵当権の設定の登記は申請できるか?  「申請可能」
登記をする前に元本が確定したとしても、その前に根抵当権の設定契約をしていれば登記可能。
5  共有根抵当権の設定契約と同時に共有者間で「優先の定め」がなされた時は、「根抵当権の設定」の登記の申請情報の内容として、「優先の定め」を提供できるか?  「できない」
「根抵当権の設定」の登記と「優先の定め」の登記は1つの申請情報で申請することはできない。
(登記の目的、登記原因及びその日付が異なるため)
6  根抵当権の共有者の一人について元本の確定事由が生じた場合でも、根抵当権の元本は確定しないか? 「元本の確定はしない」
確定事由の生じていない根抵当権者については、債務者との間で継続的な取引がまだ続いているから。
7  共有者の一人の権利について第三者に分割譲渡する登記を申請することができるか?  「できない」
根抵当権を数人で共有している場合 共有者の一人が自分の権利のみ第三者に分割譲渡はできない。
(法律関係が複雑になりすぎるから)
共有者全員が譲渡人になることは可能。
8  登記された優先の定めを変更する登記を申請するときは、申請情報と併せて優先の定めの登記を受けた際の登記識別情報を提供する必要があるか? 「そもそも登記識別情報は存在しないので提供不要(できない)」
優先の定めの登記は申請人が登記名義人になるわけではないので登記識別情報は通知されない。
9  甲土地と乙土地を目的とした共同根抵当権について、甲土地の根抵当権についてのみ優先の定めの登記を申請する子は出来るか? 「可能」
優先の定めは優先弁済権についての共有者内部における定めの為。
10  数個の不動産を目的とした累積式の根抵当権の設定の登記は1つの申請情報で申請することはできるか? 「できない」
「累積式の根抵当権」とは各不動産で別個独立の根抵当権であるから。
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck