Total current card decks
0,000,011,332
 
Deck image
建築士-構造RC
Cretator : ete2075
Updated : 2012/06/12
Category : License
Tags : 建築士
Number of Cards : 90 
Points : 0 pt
Rating :  star (1)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description

Sample cardSample Cards
No.問題答え
1 【柱の帯筋やはりのあばら筋】は,せん断補強のほかに,内部のコンクリートを拘束したり,主筋の座屈を防止する効果がある. 【柱の帯筋やはりのあばら筋】は,せん断補強のほかに,内部のコンクリートを拘束したり,主筋の座屈を防止する効果がある.
2 【帯筋の間隔】は,9 φの丸鋼またはD10 の異形鉄筋を使用する場合においては10cm以下とする. ただし, 柱の中央部分では,帯筋間隔を15cm まで増大することができる. 【帯筋の間隔】は,9 φの丸鋼またはD10 の異形鉄筋を使用する場合においては10cm以下とする. ただし, 柱の中央部分では,帯筋間隔を15cm まで増大することができる.
3 【あばら筋の間隔】は,9 φの丸鋼またはD10 の異形鉄筋を用いる場合, はりせいの1/2以下, かつ25cm 以下としなければならない. 【あばら筋の間隔】は,9 φの丸鋼またはD10 の異形鉄筋を用いる場合, はりせいの1/2以下, かつ25cm 以下としなければならない.
4 【はりのあばら筋比及び柱の帯筋比】は,それぞれ0.2% 以上とする. 【はりのあばら筋比及び柱の帯筋比】は,それぞれ0.2% 以上とする.
5 柱・はり接合部の柱の帯筋の間隔は,150mm 以下かつ隣接する柱のせん断補強間隔の3/2倍以下,接合部のせん断補強筋比は,0.2%以上とする. 柱・はり接合部の柱の帯筋の間隔は,150mm 以下かつ隣接する柱のせん断補強間隔の3/2倍以下,接合部のせん断補強筋比は,0.2%以上とする.
6 付帯ラーメンのはりのせん断補強筋比は,0.2%以上とする. 付帯ラーメンのはりのせん断補強筋比は,0.2%以上とする.
7 鉄筋コンクリート構造の柱において, 帯筋比を大きくすると短期許容せん断力は大きくなる. 鉄筋コンクリート構造の柱において, 帯筋比を大きくすると短期許容せん断力は大きくなる.
8 【鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さ】とは,鉄筋表面とこれを覆うコンクリート表面までの最短距離のことである. 【鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さ】とは,鉄筋表面とこれを覆うコンクリート表面までの最短距離のことである.
9 【鉄筋に対するコンクリートのかぶり部分】は,鉄筋の防錆及び鉄筋の付着力確保,火災時に鉄筋が高温になり強度が低下するのを防ぐ役割がある. 【鉄筋に対するコンクリートのかぶり部分】は,鉄筋の防錆及び鉄筋の付着力確保,火災時に鉄筋が高温になり強度が低下するのを防ぐ役割がある.
10 【鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さ】は, 鉄筋の耐火被覆やコンクリートの中性化速度などを考慮して定められており,部位ごと,仕上げの有無などによって異なる. 【鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さ】は, 鉄筋の耐火被覆やコンクリートの中性化速度などを考慮して定められており,部位ごと,仕上げの有無などによって異なる.
Deck titleReviews
Rating of Deck :  star  1 ratings

User image 分かりやすい by さやちょ
分かりやすいです。
Star 2013/12/26 13:51:01
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck