Total current card decks
0,000,011,303
 
Deck image
OracleMasterBronze11gSQL基礎Ⅰ対策
Updated : 2012/03/30
Category : License
Number of Cards : 16 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description
OracleMasterBronze11gSQL基礎Ⅰ対策(基本編)

詳細な知識より、
どのような関数があるのか?
どんなオブジェクトがあるのか?
の分母を明確にすることを目的に整理しました。

翔泳社EXAMPressオラクルマスター教科書をもとに編纂

Sample cardSample Cards
No.DDL(データ定義文)6種類1.CREATE,2.ALTER,3.DROP,4.RENAME,5.TRUNCATE,6.COMMENT
1 SQLの種類[4] 1.DML(データ操作文)、
2.DDL(データ定義文)、
3.DCL(データ制御文)、
4.トランザクション制御
2 DML文[5] 1.SELECT、
2.INSERT、
3.UPDATE、
4.DELETE、
5.MERGE
3 DDL文[6] 1.CREATE、
2.ALTER、
3.DROP、
4.RENAME、
5.TRUNCATE、
6.COMMENT
4 DCL文[2] 1.GRANT
2.REVOKE
5 トランザクション制御文[3] 1.COMMIT、
2.ROLLBACK、
3.SAVEPOINT
6 単一行関数の種類[6] 1.数値関数
2.文字関数
3.日付関数
4.変換関数
5.汎用関数
6.条件式
7 数値関数[7] 1.CEIL(n):n以上の最小整数
2.FLOOR(n):n以下の最大整数
3.MOD(m,n):mをnで割った余り
4.POWER(m,n):mをn乗
5.SQRT(n):nの平方根
6.ROUND(m[,n]):mを四捨五入
7.TRUNC(m[,n]):mを小数点以下n桁に切捨
8 文字関数[11] 1.LENGTH(s):sの文字数
2.INSTR(s1,s2):s1からs2の位置
3.SUBSTR(s,n[,m]):sからn番目からm文字抜き出す
4.INITCAP(s):各単語の先頭大文字以外を小文字
5.UPPER(str):sを大文字
6.LOWER(str):sを小文字
7.CONCAT(s1,s2):s1とs2を連結
8.LPAD(s,n,p):sをn桁になるよう左に文字pで埋める
9.RPAD(s,n,p):sをn桁になるよう右に文字pで埋める
10.TRIM([LEADING|TRAILING|BOTH] [s FROM ] str):先頭・後方・両方から文字を切り捨て
11.REPLACE(s1,s2 [,s3]):
9 日付関数[7] d:日付
1.ADD_MONTH(d,n):日付にnカ月足す
2.LAST_DAY(d):月末日
3.NEXT_DAY(d,曜日):次の曜日を迎える日付
4.MONTHS_BETWEEN(d1,d2):d1,d2間の月数
5.SYSDATE():現在日時
6.TRUNC(d [,書式]):切捨て
7.ROUND(d [,書式]):四捨五入
10 変換関数[4] 1.TO_NUMBER
2.TO_CHAR(数値型)
3.TO_CHAR(日付型)
4.TO_DATE
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck