Total current card decks
0,000,011,404
 
Deck image
戦後日本外交史ダイジェスト
Updated : 2017/02/06
Category : School
Number of Cards : 29 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description

※ This card deck can not be edited after purchase

元ネタ:アルマ

Sample cardSample Cards
No.DiplomacyDiplomacy
1 対日占領政策2つの方針
ルーズベルト大統領らの直接軍政方針 知日派の天皇や日本政府を用いての間接統治
2 結果的に対日政策はどうなったか 天皇の「聖断」により後者を掴み取る 日本の全軍隊のみ無条件降伏 ポツダム宣言の諸条件を受け入れて降伏
3 戦後日本をリードする3つの軸は? 社会民主主義路線 経済中心主義路線 伝統的国家主義路線 これらが交錯して日本政治や外交は展開された
4 社会民主主義路線とは? マルクス主義容認の社会党左派 穏健な改革派の社会党右派 GHQ民政局 片山内閣

5 経済中心主義路線とは? 吉田茂により率いられた 再軍備に消極的 米国に安全保障依存 国内では自由民主主義の政治社会を取り 経済復興優先
6 伝統的国家主義路線とは? 鳩山一郎や岸信介らによって率いられた 改憲再軍備 真の独立国目指す 1954年吉田引退後 55年に経済中心と統合する保守合同に成功 自民党を優位政党とし社会党を野党第一党とする55年体制は1993年まで続く
7 占領初期の日本政治 外交権剥奪されGHQとのみ折衝が許された GHQとの折衝が「外交」とも言える
8 占領初期の日本政府 日本政府は幣原や吉田らの親英米派外交官を首班とする保守政権 マッカーサーの政策に協力しつつも自らの必要のためにマッカーサーの力を引き出した  
社会党の片山、民主党の芦田を首班とする連立政権は「ニューディーラー」ケーディス民政局次長の支持と助言により政治運営を行ったが統治能力を欠いた

9 保守本流とは? 吉田の経済中心主義路線 対米関係を基軸とし関係の深化から利益を引き出す型
10 吉田なき吉田路線とは? 朝鮮戦争により米政府からの再軍備要請が高まるも吉田がブロックした 鳩山・岸両首相は改憲再軍備路線論者だったが 慎重な国内世論や米政府により吉田なき吉田路線が継続した
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck