Total current card decks
0,000,011,403
 
Deck image
企業経営理論ー2-2(組織論)経営組織の運営
Cretator : トモロー
Updated : 2017/05/21
Category : License
Number of Cards : 19 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description

Sample cardSample Cards
No.おもてうら
1 組織論の体系図  "doc_id": "1dWB5h1O6LKMxN4KZrJKEaeuBbYDstzbjOfgUm5lxupU"
2 ・組織文化(企業文化、組織風土、社風と同義)
組織のメンバーが共有するものの*え方、ものの*方、*じ方
・組織文化(企業文化、組織風土、社風と同義)
組織のメンバーが共有するものの[考]え方、ものの[見]方、[感]じ方
3 ・モチベーションの内容理論①
[マズロー]の**説(人間の持つ欲求を*段階でとらえている、不**的)
(1)**的欲求
(2)**の欲求
(3)**と*の欲求
(4)**の欲求
(5)**実現の欲求
・モチベーションの内容理論①
**の[欲求段階]説(人間の持つ欲求を[5]段階でとらえている、不[可逆]的)
(1)[生理]的欲求
(2)[安全]の欲求
(3)[所属]と[愛]の欲求
(4)[尊厳]の欲求
(5)[自己]実現の欲求
4 ・モチベーションの内容理論②
[アルダファー]の***理論(*:存在、*:関係、*:成長)
人間の欲求は3つの次元に分けられ、この3つは同時に存在したり並行することもありうる
・モチベーションの内容理論②
**の[ERG]理論([E]:存在、[R]:関係、[G]:成長)
人間の欲求は3つの次元に分けられ、この3つは同時に存在したり並行することもありうる
5 ・モチベーションの内容理論③
[アージリス]の**=**理論
(1)個人の**
(2)個人と組織との**とその解決
(3)職務**
(4)**的リーダーシップ
・モチベーションの内容理論③
**の[未成熟=成熟]理論
(1)個人の[成長]
(2)個人と組織との[軋轢]とその解決
(3)職務[拡大]
(4)[参加]的リーダーシップ
6 ・モチベーションの内容理論④
[マクレガー]の*理論、*理論、解決策の目標管理(***)
*→人間は生まれつき仕事嫌いでできれば仕事をしたくない
*→人間は生まれつき仕事嫌いではない
*理論の人間観は低次の欲求しか持たず、そのため命令と統制が必要、*理論に基づいて動機付けを行わなければならない
・モチベーションの内容理論④
**の[X]理論、[Y]理論、解決策の目標管理([MBO])
[X]→人間は生まれつき仕事嫌いでできれば仕事をしたくない
[Y]→人間は生まれつき仕事嫌いではない
[X]理論の人間観は低次の欲求しか持たず、そのため命令と統制が必要、[Y]理論に基づいて動機付けを行わなければならない
7 ・モチベーションの内容理論⑤-1
[ハーズバーグ]の**=**理論
**要因(満足要因:欠乏しても不満の増大にはならない)
達成感、承認、仕事そのもの、仕事への責任、昇進
・モチベーションの内容理論⑤-1
**の[動機づけ]=[衛生]理論
[動機づけ]要因(満足要因:欠乏しても不満の増大にはならない)
達成感、承認、仕事そのもの、仕事への責任、昇進
8 ・モチベーショの内容理論⑤-2
[ハーズバーグ]の**=**理論
**要因(不満足要因:充足しても不満の減少にはなるが積極的満足にはつながらない)
会社の方針、上司の監督、給与、人間関係、労働条件、作業環境
・モチベーショの内容理論⑤-2
**の[動機づけ]=[衛生]理論
[衛生]要因(不満足要因:充足しても不満の減少にはなるが積極的満足にはつながらない)
会社の方針、上司の監督、給与、人間関係、労働条件、作業環境
9 ・モチベーションの内容理論⑥
[マクレランド]の**説
欲求を上位より**欲求・**欲求・**欲求の3つに区分
達成欲求の高い人は
成功の確率が五分五分のときに最上の成績を上げる
リスクの高いものにはやりがいを感じない
リスクの低すぎるものにもやりがいを感じない
・モチベーションの内容理論⑥
**の[達成動機]説
欲求を上位より[達成]欲求・[権力]欲求・[親和]欲求の3つに区分
達成欲求の高い人は
成功の確率が五分五分のときに最上の成績を上げる
リスクの高いものにはやりがいを感じない
リスクの低すぎるものにもやりがいを感じない
10 ・モチベーションの内容理論⑦
[リッカート]の**モデル
小集団を組織の構成単位とし、構成単位間の連携を「**」で行うという考え方で、これによって集団のメンバーの参画による意思決定が促進される
・モチベーションの内容理論⑦
**の[連結ピン]モデル
小集団を組織の構成単位とし、構成単位間の連携を「[連結ピン]」で行うという考え方で、これによって集団のメンバーの参画による意思決定が促進される
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck