Total current card decks
0,000,011,033
 
Deck image
【建築士】施工「鉄骨構造」
Cretator : yukiban
Updated : 2015/03/10
Category : License
Number of Cards : 33 
Points : 85 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description
某資格学校の一級建築士テキストから、超重要項目をピックアップした一問一答です。合格者ですが、覚えてから問題集を解くと勉強の捗りかたが違います。

Sample cardSample Cards
No.問題答え
1 鋼材の開先加工は自動ガス切断機で加工しノッチ深さは○mm以下とする。 1
2 孔あけ加工で高カボルト用孔は○あけとする。 ドリル
3 メタルタッチ部は原則として○で加工する 切削加工機
4 孔あけ加工で、ボルト・アンカーボルト・鉄筋貫通孔は原則ドリルあけだが、板厚○mm以下のときはせん断孔あけとすることが出来る 13
5 貫通孔径は、アンカーボルト(ボルト径+○mm)鉄筋(鉄筋径+○mm) 5・10
6 一般構造用圧延鋼材の曲げ加工は常温加工・加熱加工とする。※加熱加工は○状態で行う(850~900°C) 赤熱
7 ビード長さは、板厚6mm以下(○mm以上)とし、板厚6mm超え(○mm以上)としてショートビードとならないようにする。 30・40
8 鋼材常温加工での内側曲げ半径は、ハンチなど○t / 直角方向○t/それ以外○t 8・4・2
9 熱間圧延した鋼材の表面にあらわれる黒色酸化物を○(黒皮)という。 ミルスケール
10 溶接環境は、-5°Cを下回る場合は溶接不可だが、-5~5°Cの場合溶接部より○mmの範囲の母材を加熱 100
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck