Total current card decks
0,000,011,303
 
Deck image
登録販売者 医薬品概論
Cretator : トマちゃん
Updated : 2016/08/13
Category : License
Number of Cards : 39 
Points : 85 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description

※ This card deck can not be edited after purchase

第1章「医薬品概論」のポイントと過去問をまとめてあります。秋の試験に向け、また日常のお仕事の一助に、ご活用いただければ幸いです。

Sample cardSample Cards
No.おもてうら
1 医薬品の効果とリスクは
薬物暴露時間と◯◯◯との積で表現される◯◯ー◯◯◯◯で評価される
暴露量、用量ー反応関係
2 動物実験では50%致死量(◯◯50)で毒性の指標が示される。 LD
3 臨床試験では、その効果と安全性の評価基準に、国際的にGood Clinical Practice(◯◯◯)が制定されている。 GCP
4 製造販売後の調査および試験の実施基準として、Good Post-Marketing Study Plactice (◯◯◯◯)
製造販売後安全管理基準ーGood Vijilance Practice (◯◯◯)が制定されている
GPSP、GVP
5 セルフメディケーションとは
「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする」こと。
本文の通り
6 副作用の定義
「疾病の予防、診断、治療のため、または身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発生する医薬品の有害かつ意図しない反応」
本文の通り
7 アレルギー

◯◯が過敏に働いて好ましくない症状を引き起こすこと
免疫
8 血管性浮腫とは、皮膚の下の◯◯◯◯が拡張して、その部分に局所的な◯◯を生じるもの。
痒みを感じることは少ない。
目やクチの周り、手足が多い。
毛細血管、腫れ
9 アレルゲンとなりうる添加物として、黄色4号(◯◯◯◯◯◯)、カゼイン、亜硫酸塩(亜硫酸ナトリウム、ピロ硫酸カリウムが知られている。 タートラジン
10 相互作用は、医薬品の吸収・代謝・◯◯・排泄の過程で起きるもの。
◯◯◯◯をもたらす部位で起きるものがある。
分布、薬理作用
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck