Total current card decks
0,000,011,240
 
Deck image
生理機能検査学Ⅰ 心臓の構造と機能
Updated : 2016/06/23
Category : License
Number of Cards : 22 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description

Sample cardSample Cards
No.問題解答
1 1. 房室弁は右が()尖弁・左は( )尖弁の( )で、心室内壁には円錐状に突起する()があり、その尖端から多数の細い索状の( )を出して、弁の辺縁に付着する。 1. 房室弁は右が( 三 )尖弁・左は( 二 )尖弁の( 僧帽弁 )で、心室内壁には円錐状に突起する( 乳頭筋 )があり、その尖端から多数の細い索状の( 腱索 )を出して、弁の辺縁に付着する。
2 2. 大動脈弁は心室()期に、僧帽弁は心室( )期に開放される。 2. 大動脈弁は心室( 収縮 )期に、僧帽弁は心室( 拡張 )期に開放される。
3 3. 健常人では大動脈の拡張期圧は、左室圧より( )。 3. 健常人では大動脈の拡張期圧は、左室圧より( 高い )。
4 4. 等容収縮期の開始は( )閉鎖に一致する。(57) 4. 等容収縮期の開始は( 僧帽弁 )閉鎖に一致する。(57)
5 5. 心臓を養う血管、すなわち栄養血管を( )と呼び、右冠状動脈は心臓の( )に分布する。 5. 心臓を養う血管、すなわち栄養血管を( 冠状動脈 )と呼び、右冠状動脈は心臓の( 下壁 )に分布する。
6 6. 健常人では冠状動脈血は、()期に多く流れる。 6. 健常人では冠状動脈血は、( 拡張 )期に多く流れる。
7 7. 心臓の収縮を起こす刺激はペースメーカーと呼ばれる1( )に始まり、左右の2( )に伝播した後、3()、4( )、左右の5()、6( )を経て、左右の7()に伝わる。このうち1、3、4、5、6を( )という。 7. 心臓の収縮を起こす刺激はペースメーカーと呼ばれる1( 洞房(洞)結節 )に始まり、左右の2( 心房 )に伝播した後、3( 房室結節 )、4( ヒス束 )、左右の5( 脚 )、6( プルキンエ線維 )を経て、左右の7(心室)に伝わる。このうち1、3、4、5、6を( 刺激伝導系 )という。
8 8. 刺激発生頻度は洞結節で( )回/分、房室結節で()回/分、心室では()回/分である。 8. 刺激発生頻度は洞結節で( 60~80 )回/分、房室結節で(40~60)回/分、心室では( 20~40 )回/分である。
9 9. 健常人では肺動脈圧は、大動脈圧より()。 9. 健常人では肺動脈圧は、大動脈圧より(低い)。
10 10. 健常人では肺動脈楔入圧(肺毛細管圧)は平均()圧に等しい。 10. 健常人では肺動脈楔入圧(肺毛細管圧)は平均(左房)圧に等しい。
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck