Total current card decks
0,000,010,988
 
Deck image
生理機能検査学Ⅰ 換気・肺胞機能検査 ①
Updated : 2016/06/23
Category : License
Number of Cards : 38 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description

Sample cardSample Cards
No.問題解答
1 3.換気・肺胞機能検査 3.換気・肺胞機能検査
2 299. スパイロメトリーを昏睡状態の患者に行うことは()。(58) 299. スパイロメトリーを昏睡状態の患者に行うことは(できない)。(58)
3 300. 残気量(RV)は、スパイロメトリーで測定でき()。 300. 残気量(RV)は、スパイロメトリーで測定でき(ない)。
4 301. 肺活量の標準予測式は、()、()を用い、()の高い人ほど()傾向がある。(50) 301. 肺活量の標準予測式は、(年齢)、(身長)を用い、(身長)の高い人ほど(大きい)傾向がある。(50)
5 302. フローボリュームは()の影響を受ける。 302. フローボリュームは(身長)の影響を受ける。
6 303. 呼吸商は()消費量と()排出量に関係がある。 303. 呼吸商は(酸素)消費量と(二酸化炭素)排出量に関係がある。
7 304. ゲンスラーの1秒率には()、ティフノーの1秒率には()が用いられる。 304. ゲンスラーの1秒率には(努力肺活量)、ティフノーの1秒率には(肺活量)が用いられる。
8 305. ()、クロージングボリューム、機能的残気量は、ガス分析が必要である。 305. (拡散能力)、クロージングボリューム、機能的残気量は、ガス分析が必要である。
9 306. 分時換気量では、()のほうが呼気量より多い。 306. 分時換気量では、(吸気量)のほうが呼気量より多い。
10 307. 換気・血流比は、肺底部より()部が大きい。 307. 換気・血流比は、肺底部より(肺尖)部が大きい。
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck