Total current card decks
0,000,010,910
 
Deck image
柔道整復理論−骨損傷①
Updated : 2013/01/25
Category : License
Number of Cards : 8 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description

※ This card deck can not be edited after purchase

資格勉強、お疲れさまですっ☆

国試までに、うる覚えの部分をこのデッキで補完しましょう。意外と難しいかもしれませんが、頑張ってみて下さい。合格を確実にできるよう祈願致します!!!

※厳選の「骨損傷①」8枚です!
内容的に、基礎となる骨の形態と構造がメイン。

※【検索】メニューから、『白い細胞』と入力すると、他にも、解剖学・生理学など実力確認用のデッキがDLできます!


※医療,医学,柔道整復師,理学療法士,整形外科学,カイロプラクティック,整体,etc

Sample cardSample Cards
No.Q.A.
1 骨は高度に分化した①の一つの形態であり、比較的少ない②と、細胞から産生された豊富な③と④を主体とした⑤と、それに沈着している⑥(Na,Caのリン酸塩など)から構成されている。 ①結合組織
②細胞成分
③コラーゲン
④プロテオグリカン
⑤細胞外基質
⑥骨塩類
2 骨は①組織として、体の②の形成、③の作用により④を営み、⑤の保護、⑥の貯蔵(Ca,Pなど)、⑦(髄腔および海綿質の小腔で)などの働きを持っている。 ①支持組織
②骨格
③骨格筋
④関節運動
⑤内蔵諸器官
⑥電解質
⑦造血作用
3 骨は通常、外層から①、②(皮質骨)、③(海綿骨)、④(成人には明確に確認不可)からなり、骨幹部では⑤が中央に存在している。 ①外骨膜
②緻密質
③海綿質
④内骨膜
⑤髄腔
4 骨は一生を通じて①、②、③の絶え間ない④が行われ、すなわち⑤が建設を、⑥が保守を、⑦が解体をそれぞれ受け持っている。 ①形成
②吸収
③再形成
④リモデリング
⑤骨芽細胞
⑥骨細胞
⑦破骨細胞
5 骨全体のリモデリングは、小さくみると①単位から②単位、大きく見ると③径、④径成長を伴って随時その⑤に従っている。 ①細胞単位
②骨単位
③横径
④長径
⑤力学的要請
6 リモデリングは骨に加わる①の量により変化し、②も同様に変化する。また加わる力の③によって④や⑤が行われる。これを⑥の法則という。 ①機械圧
②骨量
③方向
④吸収
⑤添加
⑥ウォルフWolffの法則
7 骨の基本構造は、外殻は①系で構成される②と、内部は③が存在し、中でも④の骨端および骨幹端には③が多く存在して、骨幹に行くに従い⑤が形成され、②の占める割合が多くなる。 ①ハバース管
②緻密質
③海綿質
④長骨
⑤髄腔
8 緻密質の厚さは、骨に働く①に従い、長骨では②、短骨では③。海綿質の④の走行は、骨に働く力の⑤に応じ⑥の形をとる。 ①応力
②厚く
③薄い
④骨梁
⑤方向
⑥一定
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck