Total current card decks
0,000,011,339
 
Deck image
☆リハビリテーション医学 100問☆
Cretator : 神戸東洋
Updated : 2016/01/24
Category : License
Number of Cards : 100 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description
リハビリテーションの問題を反復形式で繰り返して苦手分野を克服!
アトランダムに問題を出してます。
解説が必要そうな問題については簡単な解説、たまにゴロも入れて、覚えやすいように工夫して、鍼灸師向けの過去問等も出してます。

※リハビリテーション、医療、医学、国家試験、鍼灸、生理学、解剖学、理学療法士、作業療法士、あんまマッサージ指圧師、理学療法士、はり師、きゅう師、柔道整復師など

※個人作成ですので、問題&解答については責任を負えません。ご了承くださいませ。

Sample cardSample Cards
No.問題答え
1 社会的リハビリテーションとはどれか
1.特別支援教育
2.訪問介護サービス
2.訪問介護サービス(社会的リハビリテーション)
2 「屋内手すりの設置」は国際生活機能分類(ICF)の構成要素で「参加」or「活動」のどちらに当てはまるか 「屋内手すりの設置」は国際生活機能分類(ICF)の構成要素で「参加」に当てはまる
3 高次脳機能障害は内部障害に含まれる?含まれない? 高次脳機能障害は内部障害に含まれない。対象外!
4 運動療法、物理療法をするのは「理学療法士」or「作業療法士」のどちらか 運動療法、物理療法をするのは「理学療法士」である。基本的動作能力の回復につとめる
5 日常生活動作の評価法の1つであるバーセルインデックスの評価項目に「コミュニケーション」は含まれる?含まれない? 日常生活動作の評価法の1つであるバーセルインデックスの評価項目に「コミュニケーション」は含まれない
6 日常生活活動(ADL)に分類されるのはどれか
1.買い物
2.整容
3.バス乗車
2.整容(日常生活活動(ADL)に分類される)
7 ADL評価のFIMにおいて正しいのはどちらか
1.書字の項目がある
2.認知項目がある
2.認知項目がある
FIM=運動項目+認知項目(コミュニケーション・社会的認知)
8 自助具作製は「理学療法士」or「作業療法士」のどちらか 自助具作製は「作業療法士」である
9 正常歩行周期について立脚相は1歩行周期の約「約60%」or「約40%」のどちらか 正常歩行周期について立脚相は1歩行周期の約「約60%」である
10 正常歩行周期について両脚で支持する時期は1歩行周期の約「約20%」or「約40%」のどちらか 正常歩行周期について両脚で支持する時期は1歩行周期の約「約20%」である
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck