Total current card decks
0,000,011,403
 
Deck image
商業登記の登録免許税
Cretator : yoneyome
Updated : 2012/04/05
Category : License
Tags : 司法書士
Number of Cards : 40 
Points : 0 pt
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck
present card deckDeck Description
司法書士試験用。多少の誤字脱字はお許し下さい。

Sample cardSample Cards
No.問題答え
1 株式会社の設立登記 イ区分。課税標準:資本金額
資本金の額の1000分の7(これによって計算した税額が15万円に満たないときは申請件数1件につき15万円)
2 合名会社又は合資会社の設立登記 ロ区分。課税標準:申請件数
申請件数1件につき6万円
3 合同会社の設立登記(ホ、トの登記を除く) ハ区分。課税標準:資本金の額又は基金
資本金の額の1000分の7(これによって計算した税額が6万円に満たないときは申請件数1件につき6万円)
4 株式会社又は合同会社の資本金の増加登記(ヘ、チの登記を除く)
ニ区分。課税標準:増加した資本金の額
増加した資本金の額の1000分の7(これによって計算した税額が3万円に満たないときは申請件数1件につき3万円)
5 新設合併又は組織変更もしくは種類変更による株式会社又は合同会社の設立登記 ホ区分。課税標準:資本金の額
資本金の額の1000分の1.5 (新設合併により消滅した会社又は組織変更もしくは種類変更をした会社の当該新設合併 または組織変更もしくは種類の変更の直前における資本金の額として 財務省令で定めるものを超える資本金の額に対応する部分については1000分の7。 これによって計算した税額が3万円に満たないときは、申請件数1件につき3万円)
6 吸収合併による株式会社または合同会社の資本金の増加の登記 へ区分。課税標準:増加した資本金の額
増加した資本金の額の1000分の1.5 (吸収合併により消滅した会社の当該吸収合併の直前における資本金の額として 財務省令で定めるものを超える資本金の額に対応する部分については1000分の7。 これによって計算した税額が3万円に満たないときは、申請件数1件につき3万円)
7 新設分割による株式会社又は合同会社の設立登記 ト区分。課税標準:資本金の額
資本金の額の1000分の1.5 (新設分割をした会社の当該新設分割の直前における資本金の額から当該新設分割の直後における 資本金の額を控除した額として財務省令で定めるものを超える資本金の額に対応する部分については1000分の7。 これによって計算した税額が3万円に満たないときは、申請件数1件につき3万円)
8 吸収分割による株式会社又は合同会社の資本金の増加の登記 チ区分。課税標準:増加した資本金の額
増加した資本金の額の1000分の1.5 (吸収分割をした会社の当該吸収分割の直前における資本金の額から当該吸収分割の直後における 資本金の額を控除した額として財務省令で定めるものを超える資本金の額に対応する部分については1000分の7。 これによって計算した税額が3万円に満たないときは、申請件数1件につき3万円)
9 新株予約権に関する事項の変更の登記(消却除く)
ヌ区分。課税標準:申請件数
申請件数1件につき9万円
10 新株予約権消却による変更 ヌ区分。課税標準:申請件数
申請件数1件につき3万円
  • 1
このエントリーをはてなブックマークに追加 Mail this deck

Back
Report this deck